AAAは解散しない!ファンが伝える活動休止の理由や期間について | さとり女子のカジュアルブログ

AAAは解散しない!ファンが伝える活動休止の理由や期間について

大人気ダンス・ボーカルグループ

AAAが、

2020年12月31日をもって

一旦、活動を休止することが発表されました。

公式から発表される前日に

週刊誌のネタ元から既に、記事は出ていました

メンバー間の格差や価値観の違いによる不仲。

それによる解散。

まことしやかにニュースが流れ

日本中に激震が走ったのを見て、

報道の強さと怖さを体験しました。

でもね、まだファンになって5年ちょっとしか経ってませんが

(ファンクラブについても書いてます)

AAAのファンになって、もっと応援したい!と思った時に迷うのが、FCとモバイルどっちに入れば良いのかですよね。AAAPartyもAAAmobileもどちらも経験したからこそ分かることがあったんです。

この5年、ずっと応援してきた私から言わせてください。

…んなわけあるかいっっ!!!

そしたら公式HPから発表があり、

やはり真実は違っていたんです。

1ファンの戯言かもしれません。

ですが、

AAAの活動休止を知って調べ、興味を持っていま読んでくださっている人に

伝えたい事実があります^^

Attack All Around(全てのことに挑戦する)

AAAは2005年9月14日にメジャーデビュー。

当時は男5人女3人8人組男女ユニットでした。

AAAの名前の由来は、

Attack All Around。

当時男女混合のグループなんてほとんど居ない時代でした

先輩にTRFがいたものの、カタチが全然違うため

何をお手本にしていけばいいか分からないまま、

AAAらしさを模索し、名前の通りあらゆることにチャレンジしてきました。

最初のライブは武道館。

キャパなんて1万人以上のあの箱を 新人が埋めるためには、と

”フリーライブ”

を敢行したんです!

そしてアクロバット、演技、ユニット曲などなど

本当にあらゆるジャンルを披露していきました。

最初は事務所(avex)の力もあり、CMなどに多数出演し

華々しいスタートを切ったかのように見えました。

ですが3年もすると、自分たちの実力ではなかったのだと気付き始めます。

その頃、

男女別のグループにしないか、と会社から言い渡されます。

やはり混合だと売れないから

男子は男子、女子は女子にしよう、と。

メンバーは悩んだそうですが、

メインボーカルを務める宇野実彩子さんは即決。

絶対にこのまま7人で続ける、と。

(※この時既に、後藤由香里さんが病気のため脱退していました。)

メンバーとの別れ、

そしてお世話になっていたスタッフの方々との別れ。

ちょうど辛い時だった3周年のライブでは、

メンバー1人1人想いを涙ながらに語ってくれました。

そんな時でも

リーダーの浦田直也さんは、辛い顔1つ見せず笑顔で

『今は泣きません。』と宣言してくれたんです。

最年長のお兄ちゃんとして、

そしてAAAのリーダーとして、

登りつめるまで涙は見せない

と凛とした表情で、

ファンとメンバーを安心させてくれたのが印象的でした。

それからも幾度となく試練の連続だったAAA。

2016年の秋には、ついにドーム公演を成功させます!

10周年だった2015年には叶えられなかった夢。

もう無理かもしれないとメンバーの皆さんは思っていたそうです。

でも満員御礼で

京セラドーム2days、東京ドーム2daysの幕を閉じました。

そんな悲願のドーム公演で、

メンバー7人、だれ1人として泣かなかったんです。

途中、こらえるような表情で感慨深そうに歌ってくれていたシーンもありましたが、

それでもまだまだ道の途中。

これで終わりじゃないし、ここからが始まりだ

と伝えてくれるようなステキな時間でした。

そんな中、ドームが終わり

年末のテレビ出演が立て続けに終わった2017年1月。

伊藤千晃さん結婚・妊娠・卒業

という発表がありました。

正直、ぽっかりと心に穴が開いてしまった気持ちでした。

発表があってからは、体調を考えて

公での歌唱などは一切ありませんでした。

あれだけ願っていたMステ出演時も、千晃ちゃんだけお休み。

だれもがちょっぴりネガティブに思っていた時がありました

でもね、リーダーがそのことをテレビでこう言ったんです。

”メンバーにおめでたいことがあって。”

その時ハッとして、同時にすごく救われたんです。

そうだ、おめでたいんだ、って。

他のメンバーも、各々SNSで想いをつづってくれていました。

メンバー全員で写真を撮るときは

いつも女子メンバーが真ん中。

決して女扱いはしないけれど、

重い物を持ってあげたり

こうして温かく囲んであげたり

そんな気遣いのできる皆さんが集まったのがAAAなんです。

そしてスタートした6人体制。

末っ子メンバーの與真司郎さんは、

「7人だとフォーメーションがめっちゃ良かったのに

6人だとバランス取りづらいわ~」

なんて愛を込めていじったりしていました(笑)

7人で最初で最後のドーム公演でしたが、

それを幻にはせず

毎年当たり前のようにドームツアーができるアーティストにまで成長したAAA。

きっと、並大抵の努力じゃなかったと思います。

一見順風満帆に見えていた2019年春。

ついに事件が起こってしまいました。

リーダーである浦田直也さん

暴行事件を起こし逮捕。

その後すぐに謝罪会見を開いたものの

態度が悪いと言われてしまっていました。

リーダーはブラックジョークを言うような人で

自らふざけて和ませようとする気配り上手。

それが応援してきた私の印象です。

だからもしかしたら、そういった考えがつい態度に出てしまい

反感を買ったのかもしれません。

ファンとしても、許されることではないとは思いますし

ご本人も猛省していたとおっしゃっていました。

そしてずっと謹慎だったリーダー

2019年12月31日をもって脱退発表。

ついに来てしまったか、という感じでした。

誰よりも責任感の強いリーダー。

AAAへの愛情も人一倍強かったリーダー。

今までのCDを全部、

リビングにリリース順に並べてあるという逸話もあるくらい

AAAへの愛情を、ファンの私たちは知っています。

 

にっしーは7周年の時

”リーダーらしくないリーダーでありがとう”

と心からの感謝を述べていました。

また、脱退に対する他のメンバーのコメントが

”浦田直也”の前に必ず、”リーダー”と書いてあるんです。

決して不祥事を起こしたから見捨てたわけじゃない。

6人それぞれが凄く凄く悩んだ結果なんだと

受け止める覚悟が出来ました。

そしてそれから2週間。

AAAの突然の休止発表。

でも、全く突然ではなかったそうです。

具体的な話し合いが始まったのは

2016年の4月ごろ。

ドーム公演もまだ発表されておらず、

千晃ちゃんもいる7人体制の時でした

AAAは今回だけに限らず、

5周年、10周年と節目を迎えるごとに

今後の方向性をきちんと話し合っていたそう。

決してソロ活動が活発になったから、とか

メンバーが抜けることがあって、

あまり良くない出来事があって、

とかとか

メディアでは取り上げられがちですが、

それ以前に、休止の話は出ていたそうなんです

でもそれは決してマイナスな決断じゃなく

前向きな発表だとメンバーは言ってくれています

解散ではない!!!

これを、声を大にして言いたいです。

全員が30代を迎え、1人の人間として掴むべき幸せもあると思います

犠牲にしていたやりたいこと、沢山あると思います

今はちょっぴり充電期間です

AAAってね、アベンジャーズなんですよ。

西島隆弘さんは、持ち前の歌唱力とパフォーマンスと

他の人にはマネできないセルフプロデュースで、王道の道を突き進んでる。

宇野実彩子さんは、紅一点になっても男子メンバーよりも凛々しく

そして女性らしく、さらに可愛らしく、歌声やダンスの幅を広げ作詞にも挑戦してる。

日高光啓さんは、ヒップホップの概念をガラッと変えるような

でも卓越したスキルでヒップホップを突き抜けてもいる、SKY-HIを確立してさらに飛躍してる。

與真司郎さんは、留学をグループと両立させアメリカにも家を持ちさらにグローバルになりながらも、自分の好きな、そしてファンが望むパフォーマンスを常に魅せてくれる。

末吉秀太さんは、卓越したダンススキルと趣味のアニメのような世界観で

独自の路線を突き進みファンに応え開拓してる。

こんなソロでも素晴らしい5人が

また結集したらとんでもなくないですか!?✨

AAAのファンになって、もっと応援したい!と思った時に迷うのが、FCとモバイルどっちに入れば良いのかですよね。AAAPartyもAAAmobileもどちらも経験したからこそ分かることがあったんです。

2021年以降、次いつAAAとして活動してくれるかは

まだ未定だそうですが…

でも

また一緒に未来を、夢を見られるよう

まずは2020年

AAAと一緒に駆け抜けたいと思います!!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする