介護や力仕事に役立つマッスルスーツとは?日常で使える重量や見た目 | さとり女子のカジュアルブログ

介護や力仕事に役立つマッスルスーツとは?日常で使える重量や見た目

”マッスルスーツ”

これが画期的すぎて凄いんです!

重い物を持ち上げることってありますよね。

介護や農作業といったことはもちろん、

引越しや衣替えなど…

ついつい頑張りすぎて、腰が痛くなったり

手が筋肉痛でプルプルしちゃったり、、

そんな時に便利なのが、このマッスルスーツなんです!

イノフィス マッスルスーツEvery タイトフィット MLサイズ MS08-ML-T0-0000-A

価格:149,600円
(2020/1/3 23:10時点)
感想(0件)

マッスルスーツって何者なの?

マッスルスーツとは、

株式会社イノリスから発売されている補助製品です

マッスルスーツ4種類と、

マッスルアッパーの計5種類がラインナップされています 💡 

・マッスルスーツ

・マッスルスーツEvery

・マッスルスーツEdge

・マッスルスーツPower

・マッスルアッパー

(株式会社イノフィスHPより)

マッスルスーツは、

腰の補助に特化し、中腰姿勢を支えます!

マッスルアッパーは、

腕と腰の両方をサポートして、特に重い物を扱う時に助かります

こう見比べると、

スーツはやはり腰回りが丈夫

アッパーは腕部分もしっかりと装着できるように

設計されているんですね👀

5つのタイプの違いとは

マッスルスーツとマッスルアッパーの違いは分かりました!

では、スーツ4種類はどんな違いなのでしょうか🤔

マッスルスーツEdge

4つの中で1番、

軽くてお手頃価格!!

本体重量は4.3kg

5kgのお米の袋よりも若干軽いかなぐらいです🍚

最大で25.5kgfの補助をしてくれます

サイズも

S-MサイズとM-Lサイズの2つあるので、

自分によりフィットする大きさを選べます!

メーカー保証は1年間、

オプションを頼めば4年間は安心の保障付きです!

お値段は、498,000円。

マッスルスーツ

これがスタンダードモデルになります!

本体重量も5.0kg前後と標準サイズ。

そして補助も最大で25.5kgfと、

後述のPower以外の2つと一緒です 🙂 

迷ったらコレ!!

って感じですかね^^

マッスルスーツPower

パワーという名の通り、

なによりも力強い!!!💪

補助力が最大35.7kgfと、

他の3つより10kgfも助けてくれちゃうんです😎!

その代わり、本体重量も

6.6kgとちょっと重め。

男の人が、気合入れて力仕事を頑張るときに

ぜひ使ってもらいたいですね♬

マッスルスーツEvery

これが目玉商品です!!!👀

2019年11月に満を持してデビューした最新作!

ちょっとした作業から大掛かりな力仕事まで

いつでもどこでも使えるevery✨

1番目にご紹介したEdgeが4.3kgと最も軽かったのですが

なんと!!

3.8kgになっちゃいました!

これで女性や高齢者の方も気軽に使えます🤤

補助能力も最大で25.5kgfと

他と同じチカラなので安心です(/・ω・)/

そして凄いのが、

ソフトフィットとタイトフィットの2パターンがあること。

ソフトはゆとりのある設計なので、

重い物を持ち運ぶことが多い人向け

一方タイトは、ピタッとしているから

より補助力が強い心強い味方。

介護などのあまり動かないシーンがオススメです!

お値段も149,600円と、

またしてもEdgeを超えてきました( ゚Д゚)!

街中でも着れる見た目なの?

こんなに画期的なものがあるのなら、

日常的に使いたい!!!

貪欲すぎて、そう思ってしまいました。(笑)

つけているのがバレなければ、街中を歩いていても

力持ちとしてドヤ顔できそうじゃないですか?(´_ゝ`)

…とまあ動機が不純ですが、、

コートなどの下に着用できるのか気になりました。

結果はこちら。

見事にアウターの外です😞(笑)

そりゃそうだ。

この写真のように農作業をしたり、

介護をしたり、、

と重労働で助けが欲しいときに、

これを着けて作業をするんです!

なので年がら年中しょっているわけではなく笑、

さあやるぞ!

と気合いを入れる時に活躍してもらう助っ人的存在(*’▽’)

なのでこの格好で繁華街を歩くと、

目立っちゃうかもしれません👅!

ですが見た目はさておいても

こんなにハイテクなものがあったら、

大変な思いをしている作業も、

少しは負担を減らせるのではないでしょうか。

一生付き合っていく体を

このマッスルスーツで労わってあげてみては?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする