【バレエ】倉永美沙がサンフランシスコに移籍!凄い受賞歴や彼氏は? | さとり女子のカジュアルブログ

【バレエ】倉永美沙がサンフランシスコに移籍!凄い受賞歴や彼氏は?

2019年、

アメリカ最古の超名門バレエ団エースに選ばれた日本人がいます。

倉永美沙さん

1983年、大阪府で生まれた美沙さんは

7歳でバレエを習い始めます。

才能はすぐに頭角を現し、

3年後にモスクワ国際バレエコンクールのガラ公演に招待され

10歳でボリショイ劇場で踊ります。

ボリショイ劇場は世界最高峰ともいわれる

歴史ある由緒正しい劇場です!

そんな凄いところをわずか10歳で経験した美沙さんは、

1997年 東京新聞主催全国舞踊バレエコンクール 優勝

2001年 ローザンヌ国際バレエコンクール プロフェッショナル研修賞

同年 モスクワ国際バレエコンクール 金賞

(これ、女性のジュニア部門で優勝したのは日本人初!)

2006年 ジャクソン国際バレエコンクール 金賞

(これも、女性シニア部門では日本人初!)

2017年 ブノワ賞 ノミネート

(”バレエ界のアカデミー賞”と呼ばれるもの!)

と数々のコンクールを総なめしてきました

(そんな凄い倉永さんとは真逆の場所、アフリカで踊るバレリーナもいました。)

そして、その経歴の中で

17歳の時にサンフランシスコバレエ団に研修生として入団、

付属のスクールで習っていたり

19歳の時、ボストンバレエ団にコールドバレエとして入団するなど

様々な名門に近づくチャンスがありました。

コールドバレエとは、自分1人の役が与えられるわけではなく

後ろで踊る、言うなればその他大勢のダンサーというポジションです。

ですが

17歳で入った時、サンフランシスコ・バレエ団は第一志望ではなく

さらに、継続契約はしてもらえませんでした。

才能を見出してもらい、賞も受賞していた栄光とは裏腹に

モチベーションが続かなかったのです。

ダレていた時期に厳しく注意されたこともあったようですが、

その時にそっと声をかけてくれたのが元NYCのプリンシパルでした。

NYCとは、ニューヨーク・シティ・バレエ

純粋な新古典主義として名門中の名門に君臨しているバレエ団です。

そのトップであるプリンシパル マーガレット・トレイシー

かけてくれた言葉がこちらです。

あの2人の何が違うと思う?

1人は、自分の美貌やスタイルに頼ってあまり努力をしない。

もう1人は、毎日丹念にレッスンをする。

どちらがダンサーとして長生きすると思う?

どうしたいかはあなた次第だけど。

美沙さんはこの言葉で、目が覚めたといいます。

それからは濁った感じがなくなり

澄んだパフォーマンスができるようになりました💃

そしてようやく!

2019年、プリンシパルとして

サンフランシスコ・バレエ団に!!

努力と才能がついに認められた瞬間ですね🌸

バレエシューズ サンシャ製 フルソール布製バレエシューズ <C4> M(標準)幅 綿 大人用 子供用 キッズ 白/黒/肌色/ロイヤルピンク バレリーナ 衣装 新体操 格安バレエ用品 ダンス/エレクトーン靴/バトン/ベリーダンス 14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24【300-sh】

価格:1,480円
(2019/12/18 17:28時点)
感想(2822件)

でも美沙さんは、決して妥協しません。

「10年後も踊り続けていられるとは思っていない」

とインタビューで話しています。

今年で36歳。

ちゃんと踊れている、綺麗な自分を見せたい

と常に意識する美沙さんは、

本物のプリンシパルなのではないでしょうか。

彼氏や旦那さんはいるのか

そんなバレエ一筋の美沙さんですが、

私生活の方はどうなのでしょうか?!

インスタを見ると、

たくさん男性とのツーショットが…!🤤

ですがどうやら、

彼、アンジェロは演目上のパートナーでした。

でも2人にしか分からない、心が通じ合っている

本当に信頼しあっている間柄な気がします(#^^#)

それがプライベートであっても、

バレエを通じた仲間としてであっても、

魅せることのプロである美沙さんは

きっとこれからも輝き続けることでしょう(´▽`*)!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする